GOBOアグリキャリアセミナー2021 登壇者紹介!

GOBO事務局です!先日ご紹介いたしました、アグリキャリアセミナー2021、当日は素敵な4名の登壇者にご自身のキャリアとその根底にある食や農への想いをご講演いただきます。一口に食や農といっても、その世界はとても幅広く、その中からなるべく多彩な皆様をと思って4名のゲストに今回ご登壇いただきます。既に食や農の世界で大活躍されているアグレッシブな皆さんのお話はきっと皆さんが食や農のキャリアを歩むうえで道しるべになるはずですし、セミナーではこの講演を受けて、ご自身の農への想いからどのようなキャリア選択をすべきかを整理するワークをする構成となっています!

まず初めにご紹介させて頂くのはにいがたイナカレッジでコーディネーターをされている井上有紀さんです!


井上 有紀 |いのうえ ゆき

1993年生まれ。東京都出身。明治大学農学部卒。
大学3年次に学生団体SOLAの共同代表を務める。
大学4年になる前に1年休学し、新潟市にある商店街の老舗の米屋で「コメタク」という3人ユニットとして活動。2017年より新卒で新潟の公益社団法人に就職し、若者と地域をつなぐコーディネーターとしてさまざまなプロジェクトを実施している。


大学時代から農業分野、特に地域系の活動に精力的に取り組んでいた井上さんは、卒業後も同じ方向である地域振興や若者の人材育成に取り組んでいます。最近農業界に興味を持ち始めた人や自分のメインテーマでは無いけど少し興味がある…といった人にも寧ろ、十二分に楽しんでもらえる素敵な働き方のお話をしてもらえると思います!
イナカレッジって何を教えてくれるの?地域のために働くってどういう事?といったお話を聞いてみたい方は是非ご参加ください!

さて、続いては(株)ビビッドガーデン の森田慧さんを紹介します!
学生時代に農業系サークルを立ち上げ、卒業後に会社を設立。そして今年から(株)ビビッドガーデンに参入された森田さん。当日は、多様なキャリアを経験された森田さんならではのお話を伺ってみましょう!


森田 慧 |もりた けい

株式会社ビビッドガーデン 食べチョク生産者様パートナー
1995年生まれ、25歳。東京の下町・門前仲町育ち。
一橋大学商学部卒。大学時代に農業サークルを運営した経験から、卒業後の2019年、株式会社ぽてともっとを創業。「モリタ男爵の農業まるごとレポート」の前身となるWebメディアで、東京の都市農業の現場の発信を続けてきた。2021年2月よりぽてともっとの事業を縮小し、現職。


ジャンジャン参ります!続いては和歌山県で柑橘の生産者をされてらっしゃる小澤光範さん(みかんのみっちゃん)をご紹介いたします!!
みかんのみっちゃんさんは自らをゆるキャラとしたり、SNSでの広報活動を通じて、直販のみで販売してらっしゃるとても熱意のある生産者さんです!なので、参加者の皆さんにとっても感化されること間違いなしです!!以下がみっちゃんさんの自己紹介になりますのでぜひご覧ください!


小澤 光範 |おざわ みつのり

和歌山有田みかん・はっさく・レモンなど、年間を通じて、60品種もの柑橘を生産している江戸末期から伝承された6代目農家です。

  • みかんの加工品や全国の洋菓子店や飲食店とコラボし、販売しているケーキやゼリー、料理などの6次産業にも力を入れ、加工品開発やそれに繋がるパティシエや料理人などの6次産業に携わる仲間を集めて、新しい繋がりや価値を生み出す。また、次世代の食の価値を見出す料理人やパティシエの専門学校との育成カリキュラムとの連携も行う。最近は特に、フードロス問題にも取り組み実施中。
  • 和歌山県有田川町を中心に地域振興を目指し、ビジョンとして、有田地域で、国内外の人達と地元の人達との交流人口を増やす。そして、地域産業、観光産業などを通して、有田地域の自立した地域経済の発展を目指し、未来の有田を創ることを目指す。
  • 援農キャラバンみかん採りプロジェクトという団体が有田に携わっており、その一員として、みかん収穫シーズンなどの農作業繁忙期に、全国から農家を助けたい!という想いを持った人たちを援農者として、地元に呼び寄せる活動を実施。そして、新規就農者が就農へと繋がる架け橋となるよう、活動中。
  • 全国テレビや関西テレビ、地元メディアや地元雑誌、ラジオなどにも度々出演。

日々、みかんの生産技術・産業の発展と共に、地元有田の発信源を摸索中


この登壇者紹介に際してみっちゃんさんからたくさんの写真をご共有いただいています! Facebookのイベントページにてご紹介させていただいております!

そして、最後にご紹介するのは、当日の講演でも大トリを務めて頂く、中森農産㈱の中森剛志さんです。中森さんは学生の頃から日本の農業への貢献を真っ直ぐに考えてアクティブに活動をし、現在は埼玉県で150haもの農地をもって米、麦、大豆、さつまいもの生産法人を経営されています。農業系学生団体界隈では昔から何かと話題の激アツな人なので、聞けば一発でモチベーションが上がる事間違い無しです!


中森 剛志 |なかもり つよし

1988年、東京都生まれ。
中森農産株式会社 代表取締役。東京農業大学農学部卒業。
在学中より日本農業の未来に危機感を抱き、「日本の農業に一生を賭ける!」を合言葉に活動。有機農産物を中心に扱う青果流通業・飲食業で学生起業。事業の傍ら、政治から農業を変えるべく (一社)国家ビジョン研究会にてシンクタンク活動開始。その後(一社)日本スローフード協会を設立、初代代表理事。日本農業最大の課題は生産分野にあるとの確信から25歳の時に埼玉県加須市へ移住。27歳で稲作農家として独立、現在150haの農地で米/麦/大豆/さつまいもの生産を行う。


すでにこの紹介文を書いている私は当日がまた数倍楽しみになってきました♪
そしてこれらの素敵な登壇者の話をきいて食と農のキャリアへの大きな一歩を踏み出される皆様に当日お会いできることもとっても楽しみです!

参加申込は3/22(月)まで!あと1週間を切っておりますので今すぐPeatixページよりお申し込みください!

Follow me!